就職・転職の自己PR・面接対策

自分を理解する転職ノウハウ

転職のノウハウは、自分自身を理解することにあります。

 

ノウハウ本には面接での答え方や履歴書の書き方など、様々なテクニックが記されていますが、転職を成功させるにはまず自分自信の客観的な評価を出す必要があります。スカパーについて考えるときも同様ですね。

 

転職を成功させるノウハウには、自分のアピールポイントやウィークポイントを自己アピールにどう転化するかを柱としたいものです。ただし、自己分析をする時は、長所と短所を書き出すだけでは終了させないようにしましょう。

 

採用担当者に自分に関する情報を印象づけるには、頑張り屋である、集中力がある、という言い方だけでなく、どんな風に集中力があり、頑張り屋であるのかを書きます。実際の事例を用いると、説得力が増します。以前までやってきた内容や、その時に起きた事に対して自分がこんな行動を取ったから物事が上手くいった、ということです。

 

ノウハウ本の約束事だけで履歴書を書いては没個性になりがちですが、現実の出来事を一つ二つ挿入すると大分雰囲気が変わります。要点を抑えた文章を書くために必要なことは、誰が読んでもわかるように自分のことを1から見つめ直すことです。

 

転職のノウハウとしては、主観的に努力したことよりも、良い結果に繋がった具体例の方が効果的です。自分が新しい会社に対してどんなことができるか書くため、その会社が求める人物像や会社の将来像を見極めることも重要です。単発バイトについても同じことが言えますが、転職ノウハウを会得するためにも、まずは自分を見つめ直して自分に関わる情報を整理しましょう。

転職活動は在職中に

働いていた会社をやめてから、新しい会社を探すために転職活動を初めて、ノウハウを集めているという方は少なくありません。ですが、転職活動は在職中に水面下で行うのがベターです。

 

この頃は、転職を志してはいるものの不採用続きで半年が経過しているということもあります。仮に今後収入が入らない場合どのくらい食べていけるでしょう。一年は収入がなくてもいいというなら別ですが、そうでないなら危険です。車買取についても準備はしておいた方がよいでしょう。

 

在職中ですと、転職活動に割ける時間は減ってしまいますが、それでもなんとかやりくりして仕事をしながら、次の会社での面接を受けることをお勧めします。

 

仕事についていない状態で新しい仕事を探そうとする場合、気持ちに余裕がなくなって判断力が落ちることもあるようです。判断力も空転し、選べる会社の内容も少なくなってしまいます。納得のできないままに採用がもらえた会社に勤めるという事にもなりかねません。仕事をしながら、精神的な余裕がある中で納得のいく転職活動をする方が、最終的に満足のいく結果を得られるのではないでしょうか。

 

仕事をを食べてゆく為の手段と考える方もいます。ですが、仕事にやりがいを求める方もいます。自分にとって仕事とは何なのか、転職活動中に、あらためて仕事に対する自分の考え方をもう一度思い返すくらいの時間はあっても良いのでは無いでしょうか。転職を成功させるため、心の持ち方とノウハウを上手に使いたいものです。